建築物の防火構造の性能と構造制限について

建築物の防火に関する構造としては、防火性能の優れた順番に、耐火構造、準耐火構造、防火構造の3種類の構造が規定されています。これらの構造がどのような要件、性能であるかにつきまして説明したいと思います。

耐火構造は、建築基準法施行令(以下、建基令と呼称します)第107条に細かく規定されています。その内容は建築物の部分や階数に応じて、各々「要件」と「時間」が定められています。
要件としては、「非損傷性」、「遮熱性」、「遮炎性」になります。
非損傷性とは、火災時の火熱によっても変形、溶融、破壊等を生じない性能のことです。遮熱性とは、壁や床の部材について、火災時の火熱が加えられた場合においても裏面で、一定温度以上上昇しない性能のことです。遮炎性とは、外壁と屋根の部分について、屋内で発生した火災の炎が屋外に噴出しない性能のことです。これらの要件につきまして、その要件を満足する「時間」が建物の部位ごとに定められています。一例ですが、一階の外壁については、非損傷性、遮熱性、遮炎性ともに1時間と定められています。これらの要件とその時間に耐える構造のものが耐火構造として認められるわけですね。

次に準耐火構造ですが、要求される構造の要件は耐火構造と同様になります。時間が耐火構造よりも短くなります。同じく一階の外壁についてみますと、それぞれ45分と定められています。

続いて防火構造ですが、防火構造も要求される構造の要件は耐火構造と同様になります。時間は準耐火構造よりもさらに短くなりまして、同じく一階の外壁についてみますと、それぞれ30分と定められています。すなわち、耐火構造、準耐火構造、防火構造の違いは、各々の要件において、時間的にどれだけもちこたえるかによりまして、違ってくるわけですね。

次に構造制限について説明します。構造制限とは、どのような建築物を耐火建築物や準耐火建築物にしなければならないかという規制になります。ここで耐火建築物と準耐火建築物という用語が出てきましたので、どのような建築物かについて以下、説明します。
耐火建築物は基本的に、建物の部材が耐火構造のものをいいます。準耐火建築物は、同様に建物の部材が準耐火構造のものをいいます。構造制限の内容ですが一例をあげますと、劇場、病院、百貨店で3階以上のものは耐火建築物にしなければなりません。要は、火災が発生したときに犠牲者の発生が他の建物よりも確率が高いような建築物を防火的に強い耐火建築物にしなければならないことを定めています。その他の建築物は準耐火建築物にしなければならないと定められています。

以上、建築基準法で規定されている耐火構造および構造制限について説明いたしましたが、建築基準法では、建築物全体について、火災が発生した場合の危険度に応じた防火性能が要求されるわけですね。

翻訳会社 論文

SEO業者を大阪でお探しなら

福山で不動産売却を検討の方はひろしま不動産まで。知識豊富なスタッフが対応します

パーキングエリアをメンテナンス☆

切手の買取致します。